賃貸をする時にマンションとアパートの区別がつきにくいのですが、名称を気にせず、構造や工法に注目をする

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

賃貸をする時のマンションとアパートの区別するには

自由に選べる賃貸物件
賃貸物件でマンションとアパートの違いはよくわからないのですが、大きな建物で部屋数が多くエレベーターが付いていればマンションですし、2階建てくらいで木造の場合にはアパートという様になっています。はっきりとした特徴がわからない建物もあるのですが、マンションとアパートの明確な基準が決まっていなく、定められていないのですが、明確な目安は、一般的に鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンリート造になっていて、耐火性と遮音性が高くなっているのがマンションで、エレベーターがあったり、管理人がいたりするので管理費が高く設定されていて、建設費用が高いので家賃設定も高めになっている事が多いのです。

アパートは、比較的に低層の建物で木造や鉄骨造で造られていて、エレベーターがなく、マンションと比べて間取りが同じなのに管理費や家賃低めになっています。ただし、3階建てで鉄筋コンクリート造でもエレベーターがなく、マンションなのかアパートなのか区別がつかない物件もあります。はっきりと区別がつかない物件に関しては、不動産会社によって表示が異なり、担当者によって表記が変わるそうです。マンションだったら設備が良い、アパートだと音漏れしそうなど、マンションやアパートという名称で決めるのではなく、構造、工法を注目してみた方が良いそうです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.