普通借家契約をしていると、賃貸契約を更新することができます。更新の際には更新料や保険料などが必要です。

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

賃貸契約の更新手続き

自由に選べる賃貸物件
賃貸契約の形態には普通借家契約と定期借家契約があります。定期借家契約は期間を定めて入居をするという契約で、更新をすることはありません。普通借家契約では、その物件に家主が住まなくてはならなくなったなどの事由がない限りは借り手が希望すれば更新が可能です。この場合、契約が満了する3か月から1か月くらい前になると更新するかどうかの確認が家主さんや不動産会社からあります。引き続きその物件に住む希望があれば、更新の案内に沿って必要なものをそろえて手続きをします。契約を更新する時には、更新料が必要になることがあります。更新料が必要かどうかは不動産会社や物件によって異なりますので最初に契約する時に重要事項説明や契約書の中でよく確認しておく必要があります。なお、更新料が必要な場合は賃料の1か月分が一般的な相場です。

賃貸契約を更新する時には、更新料の他に最初に取り交わした契約書や印鑑が必要になることもあります。借り手本人や連帯保証人に変更が全くなくても更新の時に新規と同じように書類をそろえなければならないこともありますから、更新を希望するのであれば案内が届いたらよく確認をして期日までに準備をします。契約更新の際には保険の継続手続きもするのが一般的です。賃貸契約をした時に加入する借家人賠償付きの火災保険が契約期間に合わせて期間設定されているからです。火災保険料は一括払いが一般的なので、ある程度まとまった金額が必要です。

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.