2014年9月の東京の賃貸物件は、単身者用で約71%で、新婚用で約36%で、家族用で約9%という割合です。

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

2014年9月の東京の賃貸の間取りの割合とは?

自由に選べる賃貸物件
その地域で必要と考えられる間取りというのは、その都市を構成している人口の年齢比率と仕事があるかないかの問題など、いろいろな要素などがからんだ結果、その間取りに、特徴がでたりします。そのようなことから、東京23区の間取りの割合を調べてみたところ、単身者が使うような間取りである1LDK以下の間取りの割合というのは、全体の約71%ほどの割合があったりします。これは、3大都市の間で比べてみたところ、名古屋に次いで、多い割合が高いところがありますが、それほど大阪との差というのがないところでもあります。また、このことから学生などの比率も高い東京といのは、仕事も同様にあることから、このような割合になっているようです。

さらに、新婚カップルから小さい子供のいる家庭において、間取りサイズが1LDKから2LDKクラスというのは、約36%という割合となっており、大体名古屋市の割合と同じ結果になっています。最後の、大きい子供などがいる家族構成が使用する3LDK以上の大きさの間取りでは、約9%という割合の結果がでています。この割合は、名古屋とほとんど変わらない割合になっており、名古屋と東京というのは、よく似た割合で賃貸が構成されているようです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.