2014年9月の札幌の賃貸物件の間取りは、単身者で約63%で、新婚用で約63%で、家族用で約11%の割合です。

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

2014年9月の札幌の賃貸物件の間取りの割合とは?

自由に選べる賃貸物件
賃貸物件で地域の違いによる2014年9月の間取りの違いというのは、3大都市と呼ばれているところでは、それぞれの特徴を示していたりしています。そこで、2014年9月の物件で、これから借りれる物件を対象にして、その3大都市とは別のところでは、どうかという事で調べてみたら、学生や若いサラリーマンなどが住む目的で使用する単身者用の物件というのは、1LDK以下の割合というので、約63%となっており、3大都市と比べてみると、この割合はかなり低い割合となっていたりします。

そのことから、3大都市と比べると単身者の物件というのは、3大都市に比べると少ないということになります。また、新婚さんから小さい子供がいる家族をターゲットにした物件の間取りというのは、約58%という割合を示しており、この項目については札幌は3大都市に比べると多く物件を持っているということになります。さらに、大きい子供がいる家族では、どのような割合になっているのかというと、約11%という割合になっており、この割合というのは、3大都市と比べたときには、大阪とよく似た割合に全体的になっているということがわかります。このように、札幌の割合というのは、大阪市の割合と全体的に似ているという事がわかります。

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.