2014年9月の賃貸物件の間取りは、単身者・新婚・家族で、約54%・約41%・約17%という割合です。

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

2014年9月の横浜市の賃貸物件の間取りの割合とは?

自由に選べる賃貸物件
関西と関東、そして、東海などの3大都市に、見られる間取りの割合というのは、それぞれ特徴がみられています。それは、単身者が中心の賃貸構造になっているのか、それとも、家族などの多いサイズの物件というのが多くあるかで、どちらが、その年で多く働いているとか、学生が多くいるとかということが言えたりします。ここでは、2014年9月の横浜市の賃貸物件の割合というのが、どのようになっているのか、ということで、9月現在の物件で貸出ができる物件を、対象にした場合について調べてみると、学生や若いサラリーマンを対象にした人が、借りるサイズの1LDK以下の物件の割合というのが、約54%となっており、3大都市と比較した時に、その割合が少ないことがわかります。

また、新婚から子供が小さい家族を対象にした物件の1LDKから2LDKまでの間の割合というのが、約41%となっています。さらに、大きい子供がいる家族が使用するサイズとして使用する3LDK以上の場合の割合というのは、約17%となっています。このような割合の比率というのは、福岡市に似ているところがありますが、若い人の借りる物件の数の割合が少ないということは、東京23区に近いところでもあるので、どちらかというと、若い人は横浜市より東京23区方面に、その賃貸を求めていることがわかります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.