老後家の住み替えを検討している人向け。購入か賃貸かで資金計画等が変わるので早いうちから検討、準備することが大切

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

購入か賃貸かで老後の資金計画等が変わります

自由に選べる賃貸物件
「子供がまだ小さいときは部屋も多く広々としていたので快適だった。でも今は子供も独立し、逆に掃除や増えたものの管理が煩わしい」「部屋の掃除は時間と体力がいるし、庭の草むしりや植木の手入れが大変」という話をよく聞きます。ライフステージの変化により、一戸建てからマンションなどへの住み替えを検討している人が多いようです。購入するか賃貸にするか等で老後の資金計画も変わってきます。

次に住む所は、買い物のできる店が多く電車やバスなど交通の便が良い点、医療機関が近くにあり治安も良い場所というのが重視されています。また今まで住んでいた地域から近く住み慣れた場所を挙げる人も多いようです。まずは老後の暮らしに足りないものを洗い出して住み替えの目的を明確にしましょう。

将来、介護が必要になった万一の場合を考え家族の助けをすぐに受けられるような距離を選ぶことも大切です。ケア付きだったりサポート付物件なども最近は多くあるので選択肢の一つになりますが、どこで暮らしたいのか、どんな生活を目指しているか等希望に合う住まいをイメージし計画的に進めていくことが大切です。老後にどれだけお金がかかるか、年金や退職金の見込みなどの資金計画と合わせて元気なうちに、ご家族と話し合いの場をもっておくと安心です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.