デザイナーズ賃貸物件に関して、その特徴と概要、具体例、家賃などの諸条件について説明いたします。

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

デザイナーズ賃貸物件について

自由に選べる賃貸物件
最近の賃貸物件は特徴がなく単純な物件では、入居者があまり集まらない傾向にあり、そんな中デザイナーズ物件などのコンセプトがある物件が人気となっています。デザイナーズ賃貸物件とは、特に明確な定義はありませんが、主にマンションではなくアパートの事例が多くなっています。マンションの場合はファミリー層をターゲットにしているため、奇抜なデザインなどを採用したりすると売れ残りのリスクが生じるため、あまり積極的なデザインを好まず、広く受け入れられる無難なデザインにおさまります。

そんな中、アパートですと主に賃貸物件になるケースが多く、コンセプトを重視して入居者を集めるためデザイナーズ物件はアパートがメインになる傾向にあるのです。デザイナーズ物件は初めからデザインにこだわって設計事務所などが総合的に意匠設計をして内装までこだわるパターンと、既存の物件の内装のみをデザインして改装しているパターンがあり、あまりにデザインに拘りすぎると、かえって住みづらいケースもありますので、バランスが大切です。

デザイナーズ物件の特徴としては、内装仕様に拘り、上質な壁紙を使用したり、間接照明を用いて空間演出をしていたり、浴室の間仕切り壁をシースルーにしたり、床のフローリングを無垢材とし、素材感を際立ててるなど、一般的な物件とは一味違ったテイストを出すことに拘っています。自分の趣味に合ったデザイナーズ物件を見つけて、個性的な暮らしを実現しましょう。

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.