賃貸契約書に友人などの宿泊を禁止している場合も短期なら問題が、隣人の事を考えて行動をした方が良い

自由に選べる賃貸物件
自由に選べる賃貸物件

宿泊に関しての賃貸契約書での記載

自由に選べる賃貸物件
せっかく一人暮らしをするなら、友達を呼んで、女子会をしたり、お泊まり会をしたり、家飲みで楽しみたいところですが、賃貸契約書を読んでみると宿泊をさせる事にたいして許可が必要という記載がある場合があります。一泊ぐらいでも許可が必要なのかと疑問に思ってしまうところですが、友達や家族が週末に泊まる程度でしたら問題がないそうです。友人や家族などが長期間泊まっていたり、管理会社や貸主に無断に住みついてしまったりする事を防止するために文言が記載されているそうです。

お泊まり会程度でしたら、宿泊は可能ですが、気をつけなくてはならないことは、隣人への配慮です。友人など集まると楽しさから声が大きくなってしまったり、盛り上がってしまい夜遅くなっても話をしてしまったりとしがちですが、声は響きやすいので隣人に迷惑が掛かってしまいます。ごくたまにでしたら、隣人も許してもらえるかもしれませんが、頻繁にあると隣人とのトラブルに発展してしまうかもしれません。友人を呼ぶにしても常識の範囲内で行動する事に気を止めなくてはなりません。隣人が自分と同じ生活リズムをしているとは限りません。朝が早い人、遅い人もいますし、体調が悪い人もいるかもしれないと考えてみるのも必要な事なのではないでしょうか。

Copyright (C)2017自由に選べる賃貸物件.All rights reserved.